情報ブログ

壁紙のメンテナンスはどのくらいの頻度でするべき?

壁紙は部屋など室内にあるものなのでそれほど汚れないように思われますが、実際には汚れが付着したり結露などが発生してカビが生えていることもあります。
そのため適度にメンテナンスを行い、ある程度良い状態に保っておくことが大事です。

 

どのくらいの頻度で行えばいいのか、場所ごとに把握しておくことが大切です。
そうすることできれいな状態を保つことができ、気持ちよく過ごすことができます。

 

壁紙のメンテナンスを行う頻度ですが、それは目に見える汚れが付着したらすぐにふき取ったりすることが大事です。
ビニールやオレフィン壁紙であれば洗剤を薄めて付けた雑巾などで拭き、最後に乾いた布で拭き上げます。

 

シンナーなどの溶剤を利用すると、傷めることになるのでそれは避けるようにしましょう。
また紙や織物壁紙などは汚れた場合に、水拭きをするのは厳禁です。

部分的な汚れであれば消しゴムで落とすこともできますが、その際には強くこすりすぎずに優しく行うことが大切です。

 

もしジュースなどをこぼしてしまった場合はシミになってしまうので、その時は張り替えることも検討しなければいけません。

 

自分で張ることもできますが、きれいに張りたいのであれば業者を利用することが一番です。
壁紙のメンテナンスは頻度も大事ですが、場合によっては新しいものに変えることも選択肢の一つです。